デュアルブート

ウィンドウズXPとリナックスのインストール方法や活用方法を紹介していく。
だが、実際にインストール作業を始める前に自分がインテルMacに、どのOSをインストールしたいのかを決定しておくのが大切だ。
つまり、MacOSXとウィンドウズχPのデュアルフートなのか、MacOSXとリナックスのデュアルフートなのか、はたまたMacOSXとウィンドウズχP、リナックスのトリプルフートなのかということだ。
MacOSXとウィンドウズXPのデュアルフートにする場合が、現状ではもっとも簡単にインテルMacでマルチOSを実現する方法だ。
それは、アップルによって用意されたフートキャンプを使ってインストール作業がウィザード形式で進められ、MacOSXを初期化することなく簡単にインストールできる。
一方、MacOSXとリナックスのデュアルフートを実現する場合は、ややインストールが難しくなる。
これは、リナックスの場合、フートキャンプではサポートされていない上に、インストール作業にMacOSXを使ってコマンドラインを入力する作業が必要となるためだ。
さらに、MacOSXとウィンドウズχP、リナックスの3つのOSを動作させるという究極の環境を実現したい場合は、さらにインストールは難しくなる。
ウィンドウズXPやリナックスをインストールする作業の基本は同じなのだが、細かい点で違いが出てくる。
また、トリプルフートの場合は、そもそもウィンドウズXPを入れる際にフートキャンプを使わなかったり、最初にデュアルフート環境を構築した後に、もう1つのOSを追加するということができないということもある。
このように、現状インテルMacを使って、マルチOS環境、特にトリプルフートを実現するのは簡単なことではない。
しかし、マルチOS環境を実現できるのは、ウィンドウズマシンや他のマシンではできないインテルMacの特権。
本書では、デュアルフートおよびトリプルフートを実現するためのインストール手順を初心者でも行えるように解説していく。
また、マルチOS環境を構築した上での、OS間のデータ交換や、ハードウェアやソフトウェアの活用方法なども紹介している。
なお、下の図にあるように、MacOSXとウィンドウズXPをインストールしたい場合はI章から、MacOSXとリナックスの場合は3章から、そしてトリプルフートを実現したい場合は5章から読み始めてほしい。
また、どのOSをインストールする場合でも、インストール作業の前に必ずMacOSXのアップデートと、使用するインテルMacのファームウェアのアップデートが必要だ。

 

大阪風俗

http://www.fuzokubijin.com/kansai/oosaka/all/

大阪風俗をPCで検索。

 

品川デリヘル

http://www.shinagawa-delihel.com/

品川のデリヘルをニューフェイスで検索。